【NO,2405】13年前に塗替え。モルタル壁のひび割れ点検

【NO,2405】13年前に塗替え。モルタル壁のひび割れ点検
横浜市都筑区 S様邸のアフター点検です。 12年前にお世話になったお客様で、ご主人様・奥様にお会いできて嬉しかったです(*^^)v   当時の工事内容は、 ①外壁塗装 (防水型厚膜伸縮塗装) ②雨戸・破風板・雨トイなどの付帯塗装 ③軒天の新規張り替え ④玄関梁(はり)板金加工材取付   などなどです。  工期は1か月~でした。   外壁のひび割れが気になっていましたので、注意して確認していきたいと思います。     外壁塗装の劣化は少ないです。 塗料は十分耐久しているようです。   ただ、外壁以外の劣化が確認できる状態でした。 特に東側のひび割れは、窓の下側にできております。 S様邸は、立地環境からも雨風を強くうける環境でした。 雨風を強く受ける場合は、ひび割れから雨水が侵入し、建物に良くない影響があると考えることが容易にできます。

外壁塗装の点検。外壁のひび割れ対策塗装【NO,2404】

外壁塗装の点検。外壁のひび割れ対策塗装【NO,2404】
2012年に外壁塗装をしたお客様宅(A様邸)です。 塗り替えをしてから、工事後点検は3回目になります。     A様邸では、外壁のひび割れが気になっていたので、”伸縮型防水塗装”を行いました。 ひび割れの状況や変わりがないかを確認させていただきました。 (数年前にエアコンを撤去したらしく、簡易補修を施工)         北側の壁 入隅部に藻類が発生していました。 雨水の通り道になっているようで、縦模様に出ています。   雨水が通る量が多いという事は、劣化が早まります。 次の塗り替えの際には、こういったところの水の流れも考えながら施工をするようにしたいですね!   A様 お会いできてうれしかったです(*^^)v 今後ともよろしくお願いします。 &nb

【NO,2403】濃色サイディング外壁・サイディング目地廻りの点検

【NO,2403】濃色サイディング外壁・サイディング目地廻りの点検
こんにちは! 車で走りながら、お世話になったお客様宅の近くを通ると、ふらふら~っと顔出しを・・・     ジャパンテックの萩原と申します! ニックネームは ”はぎちゃん”  です(*^^)v   ふらふら~っとアフター点検がてら顔出しをして、お客さんと会えるのが好きな、40代の中年おやじ 笑  って、ふざけてはいません。  点検写真のご紹介です!     今日は座間市のお客様宅です。 塗装をする前は、外壁サイディングは明るめでしたが、濃色に塗り替えました。 工事中の様子はこちらです。           塗り替えをしてから4年目になります。 重要なのは、サイディング目地・窓回りコーキングのトラブルです。 特に異常は特にありませんでしたが、また、寄らせてもらいます!(^^)!!   ふらふら~と。

【NO,2402】雨漏り調査及び、アフター点検補修(ベランダ廻り)

【NO,2402】雨漏り調査及び、アフター点検補修(ベランダ廻り)
ベランダ廻りからの雨漏り調査及び、アフター点検補修 青葉区O様邸のベランダ廻りからの雨漏り調査になります。 工事をしてから4年目になります。   外壁・屋根廻りは異常は無いようですが、 雨漏りのご相談を受けましたので点検から行わせて頂きました。   雨漏りの点検方法として、ベランダ床に水張りを致します。   ベランダの排水口を塞ぎ、水をためていきます。 約3センチくらい貯めます。 この状態で15分~20分放置し,雨漏りしないか確認を致します。   ・・・   O様立ち会いで点検させて頂き、漏水はありませんでした。  ベランダの床防水は正常ということが判断できました。       では、どこからか、、、 他に漏水する可能性がある場所が幾つかありましたので、そちらをアフター補修と言うことで、対応させて頂くことにしました。   雨漏り

【NO,2401】鉄骨階段の手すり塗装がはがれて、ささくれに(Danger)

【NO,2401】鉄骨階段の手すり塗装がはがれて、ささくれに(Danger)
鉄骨階段の手すり塗装がはがれて、ささくれになっているため、アフター補修を実施しました。 工事をしたのは2013年なので、8年~9年前です。  3階建てのアパートで、鉄骨階段の手すり部分の塗装がはがれていました。     新築時からの何層にもなっている塗装が硬化して、一部鋭利になっていると感じたため補修工事に伺いました。       今回は 作業の様子になります。 (点検は2021年 年末でしたが、作業は2022年に実施しました。)  手すりの補修塗装工事   作業は2日間おこないました。   オーナーのO様にも喜んで頂けて良かった(^_^)v。 後日屋根のドローン点検を行いにきますね!   ありがとうございました!   アフター補修 立木 担当 山本・萩原   ~ サイデ

【NO.2400】横浜市神奈川区 O様邸 サイディング目地の点検

【NO.2400】横浜市神奈川区 O様邸 サイディング目地の点検
サイディング外壁塗装を7年前に工事をしました。 サイディング目地をしっかりと点検しておきます。   屋根はニチハのパミール屋根材でした。 パミール屋根材は塗装することが出来ず、ボロボロにくずれてきます。 その為、カバー工法にて当時、新しくしました。             当時施工した、ベランダ防水に少し浮きが出ていました。 防水性には異常はありませんが、次のメンテナンスの際に固定接着の打ち合わせをさせて頂きました。   外壁・屋根については異常はありませんでした!   O様 また、来ます!   宜しくお願いします。・   ジャパンテック神奈川 担当 山本 ・ 萩原     ~ サイディング外壁塗装 

【NO,2399】コロニアル・スレート屋根の剥落を確認、近日修理に入ります

【NO,2399】コロニアル・スレート屋根の剥落を確認、近日修理に入ります
コロニアル屋根材が剥落していることが分かりました。 近日修理に入ります。   屋根の塗装工事は、”屋根材の中性化の防止”が目的です。 こういった割れたり・もろくなることを防ぐ為です。 T様邸 7年前に屋根塗装工事のみを行わせて頂きました。 自社で足場を建てて、修理を行いたいと思います。     T様 また、ご連絡いたします。 宜しくお願いします。   ジャパンテック神奈川 山本・萩原     ~ コロニアル屋根塗装 お役立ち情報 ~ ◇ コロニアル屋根は、なぜ塗装が必要なのか? ◇ コロニアル屋根塗装|10年過ぎたら4回塗りがベスト ◇ パミールは、屋根塗装をすると問題は起きるのか? ◇ コロニアル屋根の価格・費用  

【NO,2398】屋根をカバー工法で新しくしたお客様宅のアフター点検

【NO,2398】屋根をカバー工法で新しくしたお客様宅のアフター点検
屋根にはカバー工法 外壁には無機系塗装をさせて頂いたお客様宅です   横浜市瀬谷区のお客様宅です。 地上からの点検のみですが、屋根にカバー工法(ガルバリウム鋼板屋根材)にて工事をさせて頂きました。 工事をしてから、今年で5年目です。   外壁はサイディング材で無機系の塗料、”ナノコンポジットW” を使用いたしました。 コーキング目地などを含めて点検させて頂きました(^^)/     北側面はどれだけ高耐久な材料を使用しても、藻類が出てきます。 湿度・廻りの環境(植木類など)の影響を受けますね。 特段、屋根を傷めるわけではないので、次回の外壁工事の際に高圧洗浄にて対応させて頂く予定となりました。     S様 いつもありがとうございます! 今回の点検では以上がありませんでした。 今後とも宜しくお願い

【NO,2397】塗装後12年 屋根の棟押さえ交換

【NO,2397】塗装後12年 屋根の棟押さえ交換
大和市 K様ご所有のアパートです。 屋根からの雨漏りがあったとの事で、確認に行った所、棟押さえ板金が壊れていましたので、 大至急、板金を新しくしました。   居住者の方からすれば、安心して暮らせる家として不安が出るかも・・・とK様と相談して、 調査後から即日に作業させて頂きました。   点検と修繕完了写真を載せさせて頂きます(^^)/     ~ コロニアル屋根塗装 お役立ち情報 ~ ◇ コロニアル屋根は、なぜ塗装が必要なのか? ◇ コロニアル屋根塗装|10年過ぎたら4回塗りがベスト ◇ パミールは、屋根塗装をすると問題は起きるのか? ◇ コロニアル屋根の価格・費用

ユニプラル外壁の塗替えから1年目点検【汚れ・水垢の確認】

ユニプラル外壁の塗替えから1年目点検【汚れ・水垢の確認】
ユニプラル外壁・・汚れ・水垢対策を施した塗替え点検 1年前に塗替えをした、町田市K様邸です。 ユニプラル外壁は自然素材で出来ているので、風合いが人工の物とは違い、高級感のある人気の外壁材です。 ただ、10年前後になると、水の通り道に発生する水垢や変色が、その風合いをお客様が想像したものと違う形になってしまうようです。   その為、再塗替え計画では色々な検討が必要でした。 ①風合いをできる限り変えない ②汚れが出にくくしたい ③窓廻りからの雨漏りがあったので、防水性は確保したい ④白系のイメージを変えたくない   ↑ これらを盛り込んだユニプラル 外壁塗装計画を考えて施工し、 塗替えをしてから1年目の様子になります。     工事して1年目ですが、もちろん異常はありません。 水垢が付かないようにする塗料塗っ